おすすめ記事

円は対ドルで145円付近、PPI受けた米2年金利急低下がドルの重し

記事を要約すると以下のとおり。

15日の東京外国為替市場の円相場は1ドル=145円ちょうど付近と、前週末夕からやや上昇して推移。
一方、日銀のマイナス金利解除観測については「1月の可能性が限りなく低くなり、4月にあるのかどうかという状況で、4月まで時間がある」と述べた。
11日に対ドルで一時146円41銭と1カ月連続の低下-利下げ確率は低下していなかった。
 15日は商業決済が集中する五・十日(ごとおび)で実需の取引がある程度見込まれる半面、米株式・債券市場がキング牧師生誕記念日の祝日で休場のため、東京市場では相場の大きな変動は見込みづらい。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 円は対ドルで145円付近、PPI受けた米2年金利急低下がドルの重し

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう