おすすめ記事

円は対ドルで146円半ば、米金利低下が支えも米雇用統計を前に手控え

記事を要約すると以下のとおり。

2日の東京外国為替市場の円相場は1ドル=146円台半ばと、1日夕方から上昇して推移。
米地銀を巡る不安から米長期金利が昨年末の水準まで低下し、ドル安要因となった。
ただ、地銀に対する懸念は米株全体には波及しておらず、「恐怖指数として知られるCBOEボラティリティー指数(VIX)は前日から低下。」
パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長の1月31日の会見では雇用情勢が金利引き下げの鍵を握ることが示された。
関連記事【米国市況】株反発、ハイテクの一角が指数押し上げ-一時145円90銭NYCBショック2日目、地銀株は大幅続落-投資判断引き下げ相次ぎ【要人発言】しかしまだ目的地には至っていない-ベイリー英中銀総裁。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 円は対ドルで146円半ば、米金利低下が支えも米雇用統計を前に手控え

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう