おすすめ記事

円は対ドルで146円台に下落、ウォラー理事発言控え米金利上昇警戒

記事を要約すると以下のとおり。

16日の東京外国為替市場の円相場は1ドル=146円台前半に下落。
ウォラーFRB理事の講演を控えて「ドル高の動きが幅広く見られている」と述べた。
連銀高官らが早期利下げに慎重な見方を示す中、「こうした流れに沿った内容であれば、ドルは対円で上昇しやすく、147円を視野に入れた動きになる可能性があると述べた。」

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 円は対ドルで146円台に下落、ウォラー理事発言控え米金利上昇警戒

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう