おすすめ記事

円は対ドルで151円台前半、神田財務官のけん制発言を受けてもみ合い

記事を要約すると以下のとおり。

26日の東京外国為替市場の円相場は1ドル=151円台前半と、前日夕から横ばい圏で推移。
神田財務官のけん制トーンは強かったが、「相場の反応も一時的で、152円を超えた時に実弾介入の可能性がどのくらいあるのかという問題もあると述べた。」
 円相場は先週末に一時151円91銭)に接近した後、神田財務官のけん制発言を受けて151円ちょうど付近まで値を戻す場面もあった。
一方、投機筋の円売りポジションが再び増加しており、円の安値を試す動きも根強い。
市場では29日に発表される2月の米個人消費支出(PCE)価格指数が注目されている。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 円は対ドルで151円台前半、神田財務官のけん制発言を受けてもみ合い

Twitterでフォローしよう