おすすめ記事

円は対ドルで151円台前半、神田財務官の円安けん制で介入警戒高まる

記事を要約すると以下のとおり。

1日の東京外国為替市場の円相場は1ドル=151円台前半で推移。
一時151円72銭と、昨年10月21日以来の安値を付けた  神田財務官は1日、円安進行を受けて、一方的で急激な動きを懸念するとした上で「過度な変動にあらゆる手段で対応する」と述べた。
財務省が発表した10月の為替介入額がゼロ円、円は対ドル安値(151円95銭)が視野に入ったことによる「新たな警戒感から、市場としても神経質にならざるを得ない」と述べた。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 円は対ドルで151円台前半、神田財務官の円安けん制で介入警戒高まる

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう