おすすめ記事

円は1ドル=160円まで下落も、米利下げ遅れなら-BofA

記事を要約すると以下のとおり。

米連邦準備制度が今年中に利下げを行わない場合、円相場は1ドル=160円まで下落する可能性があると、バンク・オブ・アメリカ(BofA)が予想した。
 介入の「可能性は非常に高いが、それは風に逆らうようなものだ」とバンバキディス氏はブルームバーグテレビジョンとのインタビューで語った。
円は既に2022年に介入を促したレベルを超えて弱含んでおり、当局は「過去の経験から、こうした介入がうまくいかないことをよく知っている。」
狙うは5円程度の円押し上げか、ストラテジストが読む介入の効果   円相場は先週、34年ぶりの安値となる1ドル=152円近辺まで下落した。
市場が現在織り込む年内の米利下げ見通しは約65ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)と、年初の150bp以上から大きく後退している。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 円は1ドル=160円まで下落も、米利下げ遅れなら-BofA

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう