おすすめ記事

円は132円台後半、方向感欠く展開に-中国の入国自由化は円高材料か

記事を要約すると以下のとおり。

東京外国為替市場の円相場は1ドル=132円台後半で推移。
 野村証券の後藤祐二朗チーフ為替ストラテジストは、「きょうはまだ海外で休場のところも多く、大きな値動きは出づらいだろうとした上で「中国の入国規制の撤廃も含めて円安方向の動きは期待しづらく、市場の目線は戻り売りが中心になりそうだ」と述べた。
133円付近で動きづらい環境が続きそうとみている。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 円は132円台後半、方向感欠く展開に-中国の入国自由化は円高材料か

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

LINEじゃ言えない話はメルマガで配信してます。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう