おすすめ記事

円は136円付近、米金利高が重し-FRB議長証言で利上げ示唆期待

記事を要約すると以下のとおり。

東京外国為替市場の円相場は1ドル=136円ちょうど付近で推移。
ここまでのレンジは135円89銭から136円18銭  NBCフィナンシャルマーケッツ・アジアのディレクター、デービッド・ルー氏(香港在勤)はきょうの円相場について「前日に135円台前半で円が伸び悩んだことから、調整的にドルを買って円を売る動きが中心だ」と指摘。
 ただ、10日には日本銀行の金融政策決定会合や2月の米雇用統計発表も控えており、「ドル買いでどんどん攻めるわけにもいかず、議会証言を受けて1ドル=137円までドル高・円安が進めば上出来と話した。」
米金利が下がる話でもなく、ドルの下値は固そうとみている。
土井氏は「ターミナルレートが近いとみられているため、今後の利上げについての見方がどうなるかが注目」としている。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 円は136円付近、米金利高が重し-FRB議長証言で利上げ示唆期待

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう