おすすめ記事

円反落、実需のドル買いで一時139円台-米利上げ減速観測で下値固い

記事を要約すると以下のとおり。

東京外国為替市場では円が対ドルで反落。
138円43銭を高値に一時は139円05銭まで下落  大和証券の植野大作チーフ為替ストラテジストは、きょうは実需のドル買いが集中しやすい「週末五・十日(ごとおび)なのでそれなりにドル買い需要はあると思うが、流れとしてはやはりドル安方向ではないか」と指摘。
「冷静に実態を見つめ直すと、期待の修正が一回どこかで起きる」とみている。
その後は、来週はパウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長の講演や米雇用統計などいろいろとイベントがあり、「それを受けてドルがもう一段下を試すのが焦点になると指摘。」
特にパウエル議長の講演は「株式やリスク資産が上がってきたときにまたたしなめるような発言が出るのかどうか。」
 三菱モルガンの植野氏は、東京CPIが多少円相場に影響した可能性はあるとし、「われわれのメインシナリオではないが、日本も少し物価が上がってきて日本銀行がどこかで緩和を見直すのではないかと話す人が出てきているので、物価指標が予想より強めに出ると軽く円高の反応を引き起こすということはこれから起きやすいのかもしれないと話した。」

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 円反落、実需のドル買いで一時139円台-米利上げ減速観測で下値固い

Twitterでの意見

菅原 健史
東京外国為替市場で、円相場は4営業日ぶりに反落した。輸入企業など国内実需筋による円売り・ドル買い観測が円相場の重荷となった。一方、米連邦準備理事会(FRB)が利上げペースを鈍化させるとの見方から円の下げ幅は限定的だった。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

LINEじゃ言えない話はメルマガで配信してます。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう