おすすめ記事

円相場の行方はFRBが左右か-日銀追加利上げの可能性は不透明

記事を要約すると以下のとおり。

日本銀行が今後の追加利上げの可能性について明確な指針を示さないままマイナス金利政策を終了したことで、円は対ドルで約34年ぶりの安値を更新するリスクがある。
日銀の利上げでも、日米の政策金利差にほとんど影響はなかった。
円安は日本株への支援材料となるほか、円を資金調達通貨とするキャリートレードの人気を持続させる。
19日の日銀利上げは長期的な円高をもたらす重要な瞬間であると見る一方で、「今のところ、勢いはドルにあると指摘した。」
対ユーロでは08年以来の安値を付けた。
これはアナリストの大半が追加利上げを基本シナリオとしていないことを示唆する。
 連邦準備制度と日銀の次回会合よりも、各中銀の中立金利の行方に注目する市場関係者もいる。
日本市場について語るロジャーズ・インベストメント・アドバイザーズのエド・ロジャーズCEOSource:Bloomberg  キャンプメニー氏によれば、日銀と連邦準備制度が中立的な金利水準に到達する場合、過小評価されている円は最終的にドルに対して15-20%上昇すると見込まれている。
 長期的に金融政策がどこに落ち着くかは、太平洋の両側でますます話題の中心となっている。
米商品先物取引委員会(CFTC)のデータによれば、ヘッジファンドのポジションは過去6年間で最も弱気な水準に近い。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 円相場の行方はFRBが左右か-日銀追加利上げの可能性は不透明

Twitterでフォローしよう