おすすめ記事

分断化される世界-2023年はエネルギーと半導体、台湾が火種か

記事を要約すると以下のとおり。

世界は今、大国間の対立が経済の地図を塗り替えており、企業経営者は増えつつあるグローバルな火種を慎重に回避しながら進むことを余儀なくされている。
TheWorldIsBecomingMoreVolatileInthelastfewyears,measuresofeconomicunpredictabilityhavehitthehighestlevelsinrecenthistorySource:Baker,Bloom&Davis  WEFではこうした新たな地政学的リスクを中心に議論が行われる。
 コンサルティング会社ベインの「マクロ・トレンズ・グループ」のマネジングディレクター、カレン・ハリス氏(ニューヨーク在勤)は、「われわれの住む世界は、金融の脆弱(ぜいじゃく)性を含め一段と高まっている世界において、どこにどのように投資するかだとダボスに向かう前に語った。
武器化されるエネルギー  米国と他の主要7カ国(G7)が発動させたロシア産原油の価格上限に参加する国への原油と同盟国によるロシアとの経済戦争ではエネルギーがその中心にある。
現在の上限価格は1バレル当たり60ドル。
ロシアにはさらに、供給を完全に停止する選択肢もある。
ディーゼルなどロシア産の精製品に対する同様の規制が来月から実施される。
これまでのところ欧州の暖冬がガス不足の深刻度を和らげ、ガス・電力価格は下落している。
 バイデン米政権はこの1年間、中国の軍事力強化を抑止するものだと説明。
これに対し中国政府は、同国の経済発展を阻むことを狙った幅広い取り組みの一環だと批判している。
 米国の規制に従うことはコストを伴う。
台湾巡る冷戦懸念  米欧の指導者らは、台湾が新たな冷戦における次の前線となり、武力行使に至ることを懸念している。
バイデン大統領はウクライナへの米軍派遣の可能性は否定したものの、中国が軍事侵攻すれば米国は台湾を守ると明言した。
中国による台湾侵攻とそれへの西側諸国の対応は、「誰もが備えている不測の事態だと、国際金融協会(IIF)のティム・アダムズ専務理事は指摘。」
「フレンド・ショアリング」と補助  各国政府は、国政術の手段として自国の経済力をてこに国益を追求する姿勢を強めている。
そのため各国は国内生産業者への補助を増やし、自由貿易の王道から離れようとしており、これはすでに摩擦を引き起こしている。
こうした措置に欧州は強く反発。
米国と欧州連合(EU)はロシアの準備金のうち約5000億ドルを置き換えることは、実現するとしても何年もかかりそうだ。
中銀から商品取引に至るまであらゆる分野で定着しており、明確な代替候補は見当たらない。
 米国とその同盟国にとってのリスクは2つある。
もし国際金融システムが武器化すれば、それに代わるものが育つだろうと語った。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 分断化される世界-2023年はエネルギーと半導体、台湾が火種か

Twitterでの意見

ゼン
んなこと昔から皆まぁそうやろなってるし、「世界」とか「分断」とかカッコつけた言い方で今更文字に起こすほどのもんでもない。なんとなく想像できる、ぐらいだったものが視覚化されて無限に拡散される、知らぬが仏が周知の事実になってしまったのが良くない。
Yakkyokusyounenn
だから米の分断の...その牽引/促進者達は どこの誰だ?その思想的根源は? 新しい宗教化しているんだよ最早 とても危険なんだ 本当に殺し合いを促しているのは奴らの側だ グ○ーン○ースの欺瞞から..とっくに拡大中で 日本も世界も官僚社会主義を目指す連中で 正しい事の一点張りで 中共の様にされるぞ
かろちん らくちん🗣️🗣️🗣️
これらの動きは、経済を分断すると同時に統合するでしょう。 QFS内の人工知能を通じて運営されるフェアトレードメカニズムを通じて、ドルの優位性を弱体化させ、世界経済を統合する公平な競争の場を作り出します。
ごりら
✍ ポリクライシス(複合的危機) 世界で異なる危機が相互に作用 🇷🇺🇺🇦 🇺🇸🇨🇳 🇨🇳🇹🇼 感染症😷 金融危機💴 気候変動☀ 食料危機🍞 自然災害🌊 分断⚡ etc… これらリスクが常に巨大化することは頭の片隅に🫠 逆にリスクを軽減、解決に向かう企業が必要とされる👏
fugasan
露宇戦争での西側の振る舞いが警戒心を招いているね "シンガポール元外相のヨー氏は先週、「米ドルはわれわれ全員にとって呪いだ。もし国際金融システムが武器化すれば、それに代わるものが育つだろう」" 分断化される世界-2023年はエネルギーと半導体、台湾が火種か
北尾吉孝
分断化される世界-2023年はエネルギーと半導体、台湾が火種か より
Dayzz
分断化される世界-2023年はエネルギーと半導体、台湾が火種か - Bloomberg 世界はどっちに付くかを問われている。 全く理解しない地方の首長。
ナウティスニュース【公式】
最新コメント14件(01/23 06:25) 【1月16日 登録記事】分断化される世界-2023年はエネルギーと半導体、台湾が火種か|ナウティスニュース
IDEMA(アイデマ)
💻IDEMA、HPから   分類:半導体 分断化される世界 -2023年はエネルギーと半導体、台湾が火種か
Hiroko_VIVID✨🍀peace💖🗡
「”ドル建て”の懸念が市場にある」 との事だが、では実際に「それに取って代わるものがあるのか?」と考えると、個人的にはその存在の方が疑問だと思っているのだが。 ************ 分断化される世界-2023年はエネルギーと半導体、台湾が火種か via
マサル
米国覇権終了。 "グローバルな結び付きがかつてないほど緊密化し、大企業は世界のフラット化に成功したと考えていたが、ダボス会議に参加する有力企業幹部らにとって、現在の状況はそうした時代からの転換" 分断化される世界-2023年はエネルギーと半導体、台湾が火種か
どるる
分断化される世界-2023年はエネルギーと半導体、台湾が火種か 中国による封鎖など、戦争には至らない程度の緊張エスカレートでも巨大なドミノ効果を引き起こす恐れがある。 問題は中国が仕掛けるのではなく米国が仕向ける点ですよね🤔 投資 から
鈴木メイザ💉モ 💉モ 💉ファ 💉モ
分断化される世界-2023年はエネルギーと半導体、台湾が火種か - Bloomberg/TSMCの日本工場2拠点計画も単なる買い叩きとかじゃなくグローバルサプライチェーンの確保を見越してだと考えると、ちょっとどころかかなり背筋が冷えるの…
Naoya Sakagawa
分断化される世界-2023年はエネルギーと半導体、台湾が火種か 「米欧の指導者らは、台湾が新たな冷戦における次の前線となり、武力行使に至ることを懸念している。  米国防総省は最近、中国による台湾への軍事的手段の行使が差し迫っている兆しはないと指摘。」

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

LINEじゃ言えない話はメルマガで配信してます。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう