おすすめ記事

半導体株に再度脚光か、メモリー市況に底打ち感-サムスン決算も一助

記事を要約すると以下のとおり。

7-9月期は低迷が目立った半導体株に明るい兆しが出てきた。
 世界の半導体業界は最悪期を脱したとの見方をさらに裏付けるものとなった。
サムスン電子、7-9月に減益幅縮小-半導体市場の底入れ示唆    三菱UFJ国際投信の友利啓明チーフファンドマネージャーはこれまでメモリー、特にNANDフラッシュの不振が続き、「シリコンサイクルのボトムが見えるとの期待で、今後は半導体株が相場を主導する一つの軸になり得ると話す。」
MSCI日本半導体株指数は3.1%下落し、1.5%上昇した東証株価指数(TOPIX)をアンダーパフォームした。
「多くの場所で在庫調整が終わった、あるいは終わりつつあることは間違いない」とみている。
関連記事レーザテクなどテック株は10月転換点、米金利低下と業績底入れ-大和【視点】日本株に半導体復調の光、金利高の嵐収まり需要底入れを期待。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 半導体株に再度脚光か、メモリー市況に底打ち感-サムスン決算も一助

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう