おすすめ記事

反米勢力「抵抗の枢軸」連携、イランの筋書き通りに-フーシ派が存在感

記事を要約すると以下のとおり。

イエメンを拠点とする武装組織フーシ派を屈服させることを意図した空爆により、米国とその同盟国は、親イラン武装組織のネットワークを意味する「抵抗の枢軸」を直接相手にすることになった。
抵抗の枢軸の構成メンバーはハマスによるイスラエル急襲に乗じ、まさにその時が到来したと感じているはずだ。
イエメンのフーシ派を支援してきたイランはここにきて投資の見返りを得ようとしている。
「イラン自身もフーシ派の実力に驚いている」という。
前出のアルガバルニ氏によると、ヒズボラとイランの革命防衛隊の幹部は、潜在的な「第二のヒズボラ」としての信頼を高める以上の成功を収めた。
 それはまた、ヒズボラが再びイスラエルとの本格的な戦争に巻き込まれるのは避けたい思惑があるイランには役立っていると述べる。
  イスラエルにとっては、イランとの争いは新たな局面を迎えている。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 反米勢力「抵抗の枢軸」連携、イランの筋書き通りに-フーシ派が存在感

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう