おすすめ記事

反米勢力「抵抗の枢軸」連携、イランの筋書き通りに-フーシ派が存在感

記事を要約すると以下のとおり。

イエメンを拠点とする武装組織フーシ派を屈服させることを意図した空爆により、米国とその同盟国は、親イラン武装組織のネットワークを意味する「抵抗の枢軸」を直接相手にすることになった。
抵抗の枢軸の構成メンバーはハマスによるイスラエル急襲に乗じ、まさにその時が到来したと感じているはずだ。
イエメンの現・元当局者を含む約20人への取材で分かった。
「イラン自身もフーシ派の実力に驚いている」という。
前出のアルガバルニ氏によると、ヒズボラとイランの革命防衛隊の幹部は、潜在的な「第二のヒズボラ」としての信頼を高める以上の成功を収めた。
 それはまた、ヒズボラ指導者のナスララ師が長年唱えてきた枢軸メンバーによる「戦場と戦線における結束の実現」への一助ともなった。
  イスラエルにとっては、イランとの争いは新たな局面を迎えている。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 反米勢力「抵抗の枢軸」連携、イランの筋書き通りに-フーシ派が存在感

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう