おすすめ記事

変動幅拡大は緩和効果損なう、慎重な判断必要-若田部日銀副総裁

記事を要約すると以下のとおり。

日本銀行の若田部昌澄副総裁は2日、イールドカーブコントロール(長短金利操作、YCC)政策でゼロ%程度を中心に上下0.5%程度としている長期金利の変動幅の再拡大について、金融緩和効果が損なわれる可能性があり、慎重な判断が必要との認識を示した。
若田部昌澄日銀副総裁Photographer:TingShen/Bloomberg  その上で、2%の物価安定目標の実現には賃上げが重要であり、鍵を握る今年の春闘で「どの程度のベアが実現するか、注目している」と述べた。
一方、記者会見では、持続的・安定的な物価2%が達成できず、「反省しているとした。」

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 変動幅拡大は緩和効果損なう、慎重な判断必要-若田部日銀副総裁

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう