おすすめ記事

外資金融誘致に奔走、よろず相談所率いる金融庁の「営業ウーマン」

記事を要約すると以下のとおり。

古くからの金融街である東京・兜町。
 アイデアを実現するために「日本でどんな登録が必要なのか分からない」という初歩的な相談から、参入を決めた企業が具体的な登録申請に必要な要件整備の支援まで、きめ細かく相手に寄り添う。
金融庁参事官の中で取り上げられるなど、これまで何度も試みては頓挫してきた悲願でもある。
サポートオフィスには「昨年と同じくらいの問い合わせが来ている」といい、世界市場の不透明感が増す中でも登録件数は順調に推移するだろうとの見通しを示した。
大富豪ケネス・グリフィン氏が率いる米シタデル傘下のシタデル・セキュリティーズ証券、米銀ウェルズ・ファーゴの資産運用部門が前身のオールスプリング・グローバル・インベストメントなどが日本拠点での営業開始に先立って登録を完了した。
金融業界で拠点再配置の動き  ただ、日本の地位は他のアジア地域と比べて見劣りしているのが現状だ。
日本は香港やシンガポールに比べて個人の所得にかかる税率が大幅に高い。
世界3位の経済大国であり、約2000兆円と多額の個人金融資産を持つ日本を、法治主義や安定した政治体制という別の角度からも再評価する動きがあるという。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 外資金融誘致に奔走、よろず相談所率いる金融庁の「営業ウーマン」

Twitterでの意見

hm634
外資金融誘致に奔走、よろず相談所率いる金融庁の「営業ウーマン」 より
hagiwararyu
BloombergJapanさんから 外資金融誘致に奔走、よろず相談所率いる金融庁の「営業ウーマン」   01月20日16時07分台のニュースでした
ワールドニュース of ビジネス/株式/FX/仮想通貨
[Bloomberg] 外資金融誘致に奔走、よろず相談所率いる金融庁の「営業ウーマン」 古くからの金融街である東京・兜町。金融ベンチャーなどが集まる現代的なビルの一角に、金融庁肝いりの「拠点開設サポートオフィス」がある。日本参入を目...
うつねこ
➜米シタデルなど15件の事業登録、サポートオフィス設置から2年で ➜新型コロナや地政学的リスクで日本再評価の動きも-中川彩子参事官 外資金融誘致に奔走、よろず相談所率いる金融庁の「営業ウーマン」 から
ソンデン
Bloomberg news 外資金融誘致に奔走、よろず相談所率いる金融庁の「営業ウーマン」 楽天ブックス

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

LINEじゃ言えない話はメルマガで配信してます。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう