おすすめ記事

大手証券首脳、日経平均は4万円台乗せ-日銀政策に地震の影響も

記事を要約すると以下のとおり。

国内大手証券3社のトップは4日、2024年の日経平均株価について、1989年12月に付けた取引時間中の過去最高値3万8957円を上回り、4万円が視野に入るとの見通しを示した。
 SMBC日興証券の近藤雄一郎社長は、日経平均について、1月に高値を付けると予測。
野村ホールディングスの奥田健太郎社長も企業業績が良く、賃上げの話も出てきている上、「海外投資家が日本株にすごく関心を持っているなどとした上で、24年度後半にかけ「4万円をチャレンジする」との見方を示した。
 野村HDの奥田氏は「日銀の金融政策については、当初1月利上げを考えていたが少し遅れるのではないか」とコメント。
加藤勝彦会長(みずほ銀行頭取)は日本経済については昨年に続く高水準の賃上げの実現が期待されると語っている。
SMBC日興証券の近藤雄一郎社長日経平均は今年は4万円に向かっていくのでは。
12月に高値か今年は上昇がキーワード。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 大手証券首脳、日経平均は4万円台乗せ-日銀政策に地震の影響も

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう