おすすめ記事

大手証券首脳、日経平均は4万円台乗せ-日銀政策に地震の影響も

記事を要約すると以下のとおり。

国内大手証券3社のトップは4日、2024年の日経平均株価について、1989年12月に付けた取引時間中の過去最高値3万8957円を上回り、4万円が視野に入るとの見通しを示した。
 SMBC日興証券の近藤雄一郎社長は、日本株に大きなリスク要因は見当たらず、個人消費増や設備投資拡大、経済対策が追い風になると指摘。
野村ホールディングスの奥田健太郎社長も企業業績が良く、賃上げの話も出てきている上、「海外投資家が日本株にすごく関心を持っているなどとした上で、24年度後半にかけ「4万円をチャレンジする」との見方を示した。
 野村HDの奥田氏は「日銀の金融政策については、当初1月利上げを考えていたが少し遅れるのではないか」とコメント。
加藤勝彦会長(みずほ銀行頭取)は日本経済に関して「成長と分配の好循環が間違いなく回転し出している」と指摘。
SMBC日興証券の近藤雄一郎社長日経平均は今年は4万円の大台に日本株に大きなリスク要因は見当たらず。
12月に高値か今年は上昇がキーワード。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 大手証券首脳、日経平均は4万円台乗せ-日銀政策に地震の影響も

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう