おすすめ記事

大量の円オプションの期限迫る-152~155円で介入リスク高まる公算

記事を要約すると以下のとおり。

約30億ドル(約4600億円)のドル・円オプションの期限が迫り、トレーダーは神経をとがらせている。
 28日期限、行使価格1ドル=150円50銭、想定元本28億5000万ドルのドル・円オプションを売ったトレーダーにとっては心配なニュースだ。
オプション売りで稼ぐプレミアムは現物の動きをヘッジする必要がある。
    円は今年既に何回もトレーダーを苦しめている。
 ブルームバーグ・インテリジェンス(BI)のG10FXストラテジスト、オードリー・チルドフリーマン氏によると、日本の財務省が介入に踏み切るレベルの予想中央値は1ドル155円を目指す可能性もある。
 ストーンXファイナンシャルの通貨トレーダー、呉明賾氏(シンガポール在勤)は、「28億5000万ドルのドル・円オプション取引に注目が集まるだろう。」

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 大量の円オプションの期限迫る-152~155円で介入リスク高まる公算

Twitterでフォローしよう