おすすめ記事

好循環実現を見極める段階、粘り強く緩和続ける-高田日銀委員

記事を要約すると以下のとおり。

日本銀行の高田創審議委員は2日、現在は経済と物価の持続的な好循環が実現できるかを見極める段階にあるとし、「大規模緩和の市場機能への影響を踏まえつつも、粘り強く金融緩和を続ける局面と言える」と語った。
日銀の高田創審議委員Photographer:KiyoshiOta/Bloomberg  2%の物価安定の目標の持続的・安定的な実現に向けて「企業を起点とした好循環を象徴する今春の賃上げは重要な試金石となる」との見解を示した。
 日銀は昨年12月の金融政策決定会合で、市場機能の改善を狙いに長期金利(10年国債利回り)の許容変動幅を従来の上下0.5%に拡大する金融緩和策の修正を決めた。
今後の金融政策運営について、「情勢に応じて工夫を凝らしながら金融緩和を継続することが適切であるとの認識を示している。」

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 好循環実現を見極める段階、粘り強く緩和続ける-高田日銀委員

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう