おすすめ記事

孫正義氏が失ったのは1兆7000億円と信頼性、ウィーワーク投資の結末

記事を要約すると以下のとおり。

そのわずか数カ月後、ウィーワークの零落は、ビジョン・ファンドが昨年出した320億ドルの投資損失を出したほか、22億ドルという記録的な損失と利益相反が明らかになり、投資家たちは困惑した。
孫氏はかつて中国の電子商取引大手アリババグループにいち早く資金を投じて勝利を収めたことで、ベンチャーキャピタル(VC)界で伝説的な存在となった。
孫正義氏とアダム・ニューマン氏Photographers:JeenahMoon/Bloomberg;ShaharAzran/GettyImages  ドットコム不況からアリババのような少数の勝者とともに立ち直った経験が、孫氏の判断力を鈍らせたのかもしれないとダモダラン教授。
成功したことで、自分たちは他の誰よりも物事が分かっていると思い込んでしまったのかもしれない。
評価額をつり上げ、創業者の目の輝きや「スター・ウォーズ」のフォースのようなひらめきを引き合いに、自分の決断は直感によるものだと信じていた。
 「私はウィーワークにほれ込んでしまったと孫氏は6月に株主に語ったが、その信念は間違っていると複数の取締役から警告されたと付け加えた。」
もっと積極的になれと言ったのは私だからだと孫氏は語った。
  出所:ソフトバンクグループ 出所:ソフトバンクグループ  ウィーワークやその他の新興企業に対する孫氏の熱中ぶりは、サウジアラビアとアブダビの政府系ファンドが最初のビジョン・ファンドに600億ドルを拠出したことで、より大きなインパクトを持つことになった。
「巨額の資金注入は、人為的な高評価と思い上がりをもたらし、最終的な暴落につながった」と指摘した。
 BleedingDollarsSource:AstrisAdvisory,Bloomberg,CompaniesNote:Privateholdingsdatabasedonestimatedinvestmentsum  損失の膨張は昨年、孫氏に投資活動を全面的に停止させ、ビジョン・ファンドの人員削減とデューデリジェンス(資産査定)の厳格化をもたらした。
 アストリスのブードリー氏は、ウィーワークの「破産はビジョン・ファンド1とビジョン・ファンド2がこれ以上は転落しないことを意味する」と指摘。
 ダモダラン教授は言う。
しかし、VCは小さな賭けで成り立つものであり、ビジョン・ファンドは「ステロイドを注射したソフトバンクG」だとダモダラン氏は言う。
「どうすればウィーワークのような大失敗が可能なのか、それで説明がつくかもしれない」と述べた。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 孫正義氏が失ったのは1兆7000億円と信頼性、ウィーワーク投資の結末

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう