おすすめ記事

宇宙開発のアイスペースは初値1000円、公開価格の4倍-初日値付かず

記事を要約すると以下のとおり。

宇宙開発スタートアップの アイスペース株が13日、公開価格4倍の1000円で初値をつけた。
 月面データ調査支援や月への輸送サービス事業などを手掛ける同社は、昨年12月に日本の民間企業として初となる月着陸船を米フロリダから打ち上げ、4月26日に月面に到着する予定。
数年後の黒字化を目指すとして、資金の余剰ができたときに配当を考えていきたいと述べた。
 上場に関わった複数の関係者によれば、今回のIPOでは投資家からの申し込みが公募の60倍だったという。
「現在見通しが難しい中において、資金調達を可能な時にやるのが非常に重要な戦略」だと話した。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 宇宙開発のアイスペースは初値1000円、公開価格の4倍-初日値付かず

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう