おすすめ記事

富士通の欧州トップ証言へ、一大冤罪事件-ドラマ化で批判が再燃

記事を要約すると以下のとおり。

シーマ・ミスラさんは、ロンドン南西の小さな町で、英ポストオフィスから委託され郵便局を運営していたが、横領で不当に有罪と認定された。
「サブポストマスター(民間受託郵便局長)」について900件余りの有罪が認定された結果、大部分が仕事を失い、多くが破産し、少なくとも4人が自殺した。
 しかし、これは欠陥のあるソフトウエア、そして郵便局の会計システム近代化のために1990年代に締結された10億ポンド(初期費用、現在の為替レートで約1850億円)の国との契約に関わる話であり、システムの納入元である富士通は、実際には起きていない窓口の現金不足を示すエラーをいつ認識し、何を知っていたか説明を求める強い圧力にさらされている。
サブポストマスターの不当な有罪判決を含む犯罪歴データベースの保守・管理も富士通が請け負い、国家の中核機能に同社のシステムが組み込まれている状況が分かる。
判決後も幾つかの契約が締結され、政府は批判に直面している。
 富士通はサブポストマスターの刑事責任を追及するポストオフィスの広報担当は「公式調査が全ての証拠を検討した後、独立した結論を出す」と述べた。
 富士通は1人の従業員を通じて10年のミスラさんの裁判にも密接に関与した。
 ミスラさんら責任を追及されたサブポストマスターの弁護士らが公式調査に提出した文書によると、ミスラさんの裁判に先立ち、10年9月に富士通とポストオフィスとの間で回覧された覚書を見る限り、ホライゾンシステムのバグの影響が会議で話し合われていた。
ミスラさんの郵便局では7万5000ポンドだった。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 富士通の欧州トップ証言へ、一大冤罪事件-ドラマ化で批判が再燃

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう