おすすめ記事

富士通ゼネラル買収交渉が難航、株価上昇で融資団が慎重姿勢-関係者

記事を要約すると以下のとおり。

富士通が売却手続きをしているグループ会社の 富士通ゼネラルを巡る交渉が、事実上こう着状態に陥っていることが分かった。
 交渉難航の理由の一つに価格の高さがあるという。
買収資金を融資する銀行団は、富士通が別の買い手候補を見つけてくる可能性があると述べた。
 売却交渉の難航が伝わると、富士通ゼネラル株は急落。
 富士通の時田隆仁社長は昨年12月のインタビューで、保有する筆頭株主。
 富士通ゼネラルの広報担当はブルームバーグの取材に、価値を最大化するためにさまざまな検討をしているのは事実だが、現時点で決まっていることはないと述べた。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 富士通ゼネラル買収交渉が難航、株価上昇で融資団が慎重姿勢-関係者

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう