おすすめ記事

年間リターン20%のヘッジファンド、ウラン会社に賭けるーM&A期待

記事を要約すると以下のとおり。

好成績のヘッジファンド、L1キャピタルは、カナダのウラン生産会社 ネクスジェン・エナジーの最近の株価下落基調が短期間で終わることに賭けている。
 ナイク氏はメルボルンでのインタビューで、ネクスジェンについて「戦略的な資産であり、最終的な承認が下りれば、大手企業の一角の買収候補になる可能性が非常に高い」と語った。
 07年創業のL1キャピタルはロングオンリー銘柄からスタートし、14年にロング・ショート・ファンドを設定した。
同社の筆頭株主。
ネクスジェンのカナダ上場株は年初来で約0.7%%上昇している。
また、米国や同盟諸国では、枯渇したまま放置されていたウラン鉱山の所有者が操業を再開している。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 年間リターン20%のヘッジファンド、ウラン会社に賭けるーM&A期待

Twitterでフォローしよう