おすすめ記事

影潜める悪い円安論、介入水準接近でも切迫感なし-物価や株価に違い

記事を要約すると以下のとおり。

外国為替市場のドル・円相場は、日本政府が約24年ぶりの円買い介入を実施した昨年の水準に近づいている。
円買い介入  政府・日本銀行は昨年9月、145円付近まで円安が進んだ後、143円台で介入準備のために市場参加者に相場水準を尋ねるレートチェックを実施。
24年ぶり円買い介入、「過度な変動は見過ごせずと鈴木財務相   当時の円安はロシアのウクライナ侵攻を受けエネルギーや原材料価格が高騰する中で起きたため、輸入物価の高騰が家計や企業を直撃。」
悪い円安の世論は高まらないとみている。
海外勢5兆5000億円、日本株先週まで買い越し続く-17年の記録超える  三菱UFJモルガン・スタンレー証券の植野大作チーフ為替ストラテジストも、輸入インフレの加速に対する恐怖心が和らぎ、「悪い円安論は遠のいていると話す。」
 マーケットリスクアドバイザリーの深谷幸司フェローは、米利上げは9合目から9.5合目まで来ており、地銀の破綻など米景気後退の予兆も出ている中、「ドル・円はあくまで昨年付けた151円台をトップとした戻り高値を試している段階と受け止めている。」

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 影潜める悪い円安論、介入水準接近でも切迫感なし-物価や株価に違い

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう