おすすめ記事

悲観主義者が予測する24年世界経済リスク-中東情勢や米インフレ再燃

記事を要約すると以下のとおり。

2024年は経済のソフトランディングの年であり、世界の経済成長と市場の下支えが期待される利下げの年でもある。
以下に示すが、これに限ったわけではない。
まだ、そうしたエネルギー供給が途絶するような事態には至っておらず、市場もそうならないと予想している。
 レバノンの首都ベイルート郊外でハマス幹部が殺害されたことから、ヒズボラが戦闘に一段と関与する恐れもある。
しかし万一そのような事態となれば、重要な通商ルートが途絶し、世界の国内総生産(GDP)伸び率は1.2ポイント上振れすると予想される。
 1970年代、当時のバーンズ米連邦準備制度理事会(FRB)議長は利下げへの転換を早まった。
一つは、金融状況の緩みによるものだ。
 ブルームバーグ・エコノミクス(BE)の米国経済モデルに利回りの1ポイント低下を入力すると、1年後のインフレ率は0.5ポイント上振れし、当局目標の2%よりも3%に近い水準になる。
当局者らはハト派傾向であるものの、利下げにコミットするにはなお程遠いと分析している。
どのようなマクロ経済モデルでも、この引き締めを分析すると「深刻なリセッション(景気後退)」という明確な見通しが示される。
TheRateHikesThatDidn’tBite—YetSource:OfficeforNationalStatistics,BloombergEconomicsforecastsfor4Q23and1Q24  もちろんモデルが間違っている可能性がある。
金融政策は長期のタイムラグがあることで知られており、欧州の経済が大きく打撃を受けるのはこれからかもしれない。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 悲観主義者が予測する24年世界経済リスク-中東情勢や米インフレ再燃

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう