おすすめ記事

悲観的な利益見通し続出か、金利上昇が消費者を圧迫-MLIV調査

記事を要約すると以下のとおり。

債券利回り上昇の影響で低迷する米国株は、米 個人消費トレンド減速で予想される一連の悲観的な利益見通しという新たな脅威に直面している。
 Consumer-LinkedCompaniesFaceSourOutlookWeasked:DoyouexpectUSretailersandconsumer-relatedcompaniesto:Source:BloombergMLIVPulsesurveyOct2-6with567respondents.  投資会社ナインティワンのポートフォリオマネジャー、ステファニー・ニーベン氏(ロンドン在勤)は「消費者セクターは厳しい状況となりそうだ。」
モルガン・スタンレーのマイケル・ウィルソン氏らストラテジストは、金利上昇が経済に深刻な負担を与え、新型コロナウイルス禍以来の急激な落ち込みから回復し始めたばかりの利益を侵食するのではないかと懸念している。
 実際、回答者の予想中央値では、10年債利回りは年末時点で4.9%に迫り、30年債利回りは5%を超え、いずれも2007年以来の高水準を記録した。
 借り入れコスト上昇と個人消費鈍化に伴うリスクに加え、S&P500種は下落すると予測。
S&P500UnlikelytoResumetheFirst-HalfRallyWeasked:WheredoyouexpecttheS&P500UnlikelytoResumetheFirst-HalfRallyWeasked:WheredoyouexpecttheS&P500toendtheyear?Source:BloombergMLIVPulsesurveyOct2-6with567respondents.  ブルームバーグ・インテリジェンス(BI)がまとめたデータによると、アナリストはS&P500種企業の1株当たり利益について、7-9月(第2四半期)は前年同期比で約1%減と、4-6月(第3四半期)の約5%減から減少率が縮小すると予想。
回答者の40%余りが全米自動車労組(UAW)によるストライキについて、タイトな米雇用市場を反映したもので、景気が鈍化するにつれてそうしたストは減っていくと予測。
10月13日のJPモルガン・チェースを皮切りとする決算シーズンの本格化で、そうしたセンチメントが試されることになる。
 今週の調査では、貿易摩擦や政治手腕について質問する。
こちらをクリックしてください。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 悲観的な利益見通し続出か、金利上昇が消費者を圧迫-MLIV調査

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう