おすすめ記事

投資家の人気集めたGLP、ドル建て債がディストレスト水準に転落

記事を要約すると以下のとおり。

プライベートエクイティー(PE、未公開株)投資会社によるアジア企業の買収案受け入れ-1兆3200億円規模  しかし昨年から利益の落ち込みや債務水準の上昇、企業統治を巡る懸念でドル建て債がディストレスト水準に落ち込み、一部は先週35セントを切り、過去最安値を更新した。
グローバル会計責任者のエドウィン・テイ氏は、それにもかかわらず同社は不動産銘柄の売り浴びせの中、投資家から「同一視」されていると指摘した。
 しかしジョンソンCFOはブルームバーグとのインタビューで、同社は昨年、厳しい経済環境の中でも強靱(きょうじん)な事業成績を上げたとし、「われわれにとって重要なのは手元資金140億ドルを有していることだと語った。」

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 投資家の人気集めたGLP、ドル建て債がディストレスト水準に転落

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう