おすすめ記事

拙速な政策転換、2%達成の芽をつむコスト極めて大きい-日銀総裁

記事を要約すると以下のとおり。

日本銀行の植田和男総裁は19日、都内で講演し、先行きの金融政策運営について「拙速な政策転換を行うことで、ようやく見えてきた2%達成の芽をつんでしまうことになった場合のコストは極めて大きい」との見解を示した。
また、基調的な物価上昇率は徐々に高まっていく見通しだが、目標に達するにはなお時間がかかるとし、「現時点では2%の物価安定の目標の持続的・安定的な実現が見通せる状況には至っていないと説明した。」

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 拙速な政策転換、2%達成の芽をつむコスト極めて大きい-日銀総裁

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう