おすすめ記事

持ち合い解消加速、株主総会は真剣勝負に-メガ2行トヨタ株売却方針

記事を要約すると以下のとおり。

メガバンク2行が政策保有株として持つ トヨタ自動車株の売却を検討していることは、日本企業による株式持ち合い解消の流れが本格化していることを示す。
焦点となるのは豊田章男会長を含む取締役選任に反対するよう推奨。
トヨタ本体での認証不正が発覚したのはその後で、経営陣への風当たりはさらに強まりそうだ。
車好きで商品力向上に取り組み、東日本大震災や新型コロナウイルス禍などの難局も乗り切った。
20年は前年比約11ポイント下がり84.57%と、確認できる10年以降最も高かったが、23年は98.30%と取締役候補の中で最も低かった。
 三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)と三井住友フィナンシャルグループ(FG)ではトヨタ株を段階的に売却していく案が出ている。
ブルームバーグのデータによるとトヨタの源流にあたる豊田自動織機の7.55%を筆頭にデンソーや豊田合成、トヨタにとっては金融機関と同様、安定株主を失うことを意味する。
今年の総会で過半の株主の支持を得て豊田氏は再任されるとの見通しを示す一方、今後はトヨタは取締役の選任にあたってより慎重になっていく可能性があるとし、一定程度の受け皿になると述べた。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 持ち合い解消加速、株主総会は真剣勝負に-メガ2行トヨタ株売却方針

Twitterでフォローしよう