おすすめ記事

政府、水素・アンモニア供給網構築に向け官民で15兆円投資検討

記事を要約すると以下のとおり。

 政府は50年のカーボンニュートラル達成に向け計画を加速している。
日本はアラブ首長国連邦やオーストラリアなどと官民でパートナーシップを結び、水素燃料を供給するサプライチェーン構築に向けた取り組みを進めている。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 政府、水素・アンモニア供給網構築に向け官民で15兆円投資検討

Twitterでの意見

金運の神様
水素・アンモニア社会の早期実現に向けた政府支援策の骨格 - 長島・大野・常松法律事務所 インフラ ESG SDGs noandt
s
日本とアラブ首長国連邦(UAE)の両政府はUAEの脱炭素化に向けた技術協力で合意する方向で調整に入った。水素やアンモニア製造手法等日本のスタートアップ(新興企業)がUAEの企業と共同でイノベーション(技術革新)や新規事業化に取り組む環境を整えUAEから活発な投資を引き出す狙いがある。
マイマイちゃん
惨敗のトヨタと日本政府。なぜ水素自動車はEVに負けてしまったか? MAG2NEWS 過去何度も水素ブームは崩壊。 易漏洩、易爆発、小比重、取り扱い困難も事実。 今、アンモニア燃焼等の…
ふらい🍤🍄🏳️‍🌈🐾
Japanese industry steps up ammonia push in efforts to cut CO₂ 日本がクリーン燃料として水素とアンモニアを推進したことは、4月に他のG7諸国から強…
ありーちぇ😷
Japanese industry steps up ammonia push in efforts to cut CO₂ 日本がクリーン燃料として水素とアンモニアを推進したことは、4月に他のG7諸国から強い反発を受け、政府関係者や環境保護団体から、既存の化石燃料インフラの寿命を延ばす政策だと批判された。
団栗
惨敗のトヨタと日本政府。なぜ水素自動車はEVに負けてしまったか? MAG2NEWS 過去何度も水素ブームは崩壊。 易漏洩、易爆発、小比重、取り扱い困難も事実。 今、アンモニア燃焼等の可能性を模索中。 脱原発と車両電動化を同時に叫ぶ愚。 様々な可能性を探るというのが正解
Kazunari Otani
マイナンバー制度はもともとの設計が悪すぎて今後もどうにもならないだろう。軟弱地盤の上に基礎工事もせずに建物を建てたような状態だからだ。日本政府はアンモニア混焼のような筋悪の水素技術に熱をあげているがこれもことごとくうまく行かないだろう。
Dr. Kaz 地球・社会の持続性アカウント
政府は水素・アンモニアに出資することが明記されているが、官民投資全体の中に再エネの記載があり、再エネへの投資は民間に依存することが示唆されている。 ーーーーーーーーーーーーー 成長志向型カーボンプライシング構想について
後藤誠
6月29日、第3回 カーボンニュートラル 懇談会で 大村知事 や鶴岡 全トヨタ労組 連合会会長、各党代表と意見交換。 水素・アンモニアの利活用促進のため、需要と供給を同時に進める必要。 与党政府として今月 水素基本戦略 を改定し、水素…
nikkeimatome
6016 ジャパンエンジンコーポレーション:水素・アンモニア関連の有望株、脱炭素と政府支援策が追い風に より
大場紀章(エネルギーアナリスト)
そうですね。ガスと石炭、どちらの上流投資が需要に対して十分になされ安定して供給されるのかもわかりません。アンモニア・水素は政府支援に依存することになるでしょうが、発電に影響を与えるほどの規模になるには相当の時間がかかると思います。
tropic
事業性という観点としては、石炭火力アンモニア混焼も(値差支援がない限り)成り立たないのではないでしょうか。私はそもそも日本政府の水素戦略全体に砂上の楼閣な雰囲気を感じています。エネルギーの脱炭素は再…
mica
事業性という観点としては、石炭火力アンモニア混焼も(値差支援がない限り)成り立たないのではないでしょうか。私はそもそも日本政府の水素戦略全体に砂上の楼閣な雰囲気を感じています。エネルギーの脱炭素は再エネと原子力と電化である、という本筋を見失うべきではないと思っています。
yasuhiro
水素は熱量が低い輸入競争力があるのか?政府は水素に前のめりではないか?大量の安価な電力と良好な触媒・セルで効率化した電解でどこまでいけるのか? 副生水素との比較は? メタネーションと水素、アンモニア生成の輸送費を含めた国外と国内で有利なものは?
hh-11 政権交代 頑張れ 辻元 志位 福島 山本 大石 櫛淵さん
「【まやかしのGXは真の対策を遅らせる】  環境大臣共同声明において、国際的な「グリーントランスフォーメーション」の推進が明記された。一方で日本政府が推進する「GX」は原発の新設や運転延長、水素・アンモニア・バイオマス混焼やCCS(炭素回収貯…

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう