おすすめ記事

政府・日銀の介入ゾーンから離れ始めた円相場、2022年のデジャビュか

記事を要約すると以下のとおり。

外国為替市場の円相場は、対ドルで政府・ 日本銀行の介入が疑われた水準から円高が進んでおり、弱い米国の経済指標が日本の通貨当局者の代わりに円を動かした2022年後半の状況に似てきている。
日本の政策当局が想定よりも早く円安阻止の方向に動く流れが強まっており、これは円にポジティブだが、円反発の最も大きな要因は「米国。」
日本の財務省幹部が過剰な動きには介入する姿勢を幾度となく繰り返し、日銀が追加利上げの可能性に含みを持たせても、結局のところは米国の経済指標と金融政策が円相場の主な原動力であることを一連の動きが示唆している。
ブルームバーグのデータを見る限り、直近2カ月ぶりに伸び鈍化-年内利下げへの一歩  三井住友銀行の鈴木浩史チーフ・為替ストラテジストは「今までは絶対的に円じり安だったが、弱い米CPIを受け、年内の利下げというFRBのシナリオ通りになってきている」と話し、弱い米経済指標が続けば、「円高方向に値幅が出やすいとみている。
 日本の1-3月期GDPの落ち込みを受け、金融政策見通しを反映するオーバーナイト・インデックス・スワップ(OIS)で7月の利上げ織り込みは15日の閣議後会見で、相互の政策目的に摩擦が生じないように「日銀と連絡を密にする」と述べ、為替相場は水準に着目するのではなく、安定的な推移が重要との認識を示した。
政府・日銀の政策目的に摩擦生じないよう密に意思疎通する-鈴木財務相関連記事日銀6月減額と7月利上げ読む市場、残るは年2回ペース織り込みヘッジファンド、円需要を生み出すためには日本に投資してもらう必要。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 政府・日銀の介入ゾーンから離れ始めた円相場、2022年のデジャビュか

Twitterでフォローしよう