おすすめ記事

政策修正は出口の一歩ではない、YCC下で緩和継続-日銀総裁

記事を要約すると以下のとおり。

日本銀行の黒田東彦総裁は26日、20日の金融政策決定会合で決めた政策修正について、金融緩和を持続的かつ円滑に進めていくための対応であり、「出口の一歩ということでは全くない」と述べた。
10年以外の年限の上昇は抑えられているとの認識を示した。
黒田東彦日銀総裁(20日)Photographer:YuyaYamamoto/JijiPress/Bloomberg 賃上げ  総裁は、出席した企業経営者に対して賃上げの重要性を改めて強調した。
日銀としては緩和的な金融環境をしっかりと維持し、企業の前向きな取り組みを最大限後押ししていくとの考えを示した。
持続的・安定的な物価目標の実現には名目賃金の上昇が不可欠とし、来年の春闘をはじめとした賃上げの動向を注視している。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 政策修正は出口の一歩ではない、YCC下で緩和継続-日銀総裁

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

LINEじゃ言えない話はメルマガで配信してます。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう