おすすめ記事

新トランプノミクス、米大統領に返り咲いた場合に予想される政策一覧

記事を要約すると以下のとおり。

トランプ前米大統領にとって、経済はバイデン大統領の問題だ。
「「4年前より裕福かということに尽きる。」
 トランプ氏は「米国第一主義」をさらに強化する方針を明らかにしている。
米国の産業を10%の関税で囲い込むというアイデアを持ち出しているが、これはサプライチェーンに新たな混乱の波をもたらすだろう。
そうなった場合、中国からの輸入品に対して関税を引き上げ、他の貿易障壁を設ける可能性がある。
超党派の議員グループは昨年12月、中国への投資をさらに制限するよう提言した。
ムーア氏によれば、トランプ氏の計画に詳しい関係者によると、労働者層や中間層の支持を得るためのキャンペーンを展開しており、1期目就任当初の目標であった15%へのさらなる税率引き下げられた。
移民問題  トランプ氏が政権に返り咲いた場合、移民を制限する大規模な大統領令が出される可能性が高い。
そんなことはさせない。
2017年の減税は財政赤字拡大の主因の一角である社会保障制度とメディケア(高齢者・障害者向け医療保険制度)にも手をつけようとしなかった。
有権者へのメッセージの一部は、孤立主義的な姿勢によって財政負担の大きい国外紛争への関与から米国を解放し、税金を節約するというものだ。
連邦政府職員は連邦権力の限界に焦点を当てた新しい公務員試験を受ける必要も出てくるだろう。
FRB  大統領在任中、トランプ氏は連邦準備制度理事会(FRB)を声高に非難していた。
FRB当局者は2024年末までに利下げが実施される可能性を示唆しているが、しばらくは景気抑制的政策が続くと注意を促している。
再選されれば、米国内での石油・天然ガスの掘削を大幅に拡大するためのあらゆる障害を取り除くと約束している。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 新トランプノミクス、米大統領に返り咲いた場合に予想される政策一覧

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう