おすすめ記事

日本の中小型株に出番、大型株人気一巡し実力再評価-好業績と割安感

記事を要約すると以下のとおり。

今春以降の日本株上昇を引っ張った人工知能(AI)関連や商社など大型株の投資人気が一巡し、市場関係者は中小型株が相対的に選好されやすい条件が整ってきたとみている。
 野村証券の伊藤高志シニア・ストラテジストは、大型株主導で上昇してきた日本株が「さらに上値を追うには大型株のバリュエーションが厳しくなっている」と分析。
国内経済の成長に伴い、「内需の中小型株で循環物色できる企業の数が増えてきたとみている。」
今後は「それぞれの企業が自らの力で売り上げや数量を伸ばせるかどうかといった個別銘柄ごとの差が出る」との見方を示した。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 日本の中小型株に出番、大型株人気一巡し実力再評価-好業績と割安感

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう