おすすめ記事

日本投資が活況取り戻す、日銀の政策正常化観測に沸く市場

記事を要約すると以下のとおり。

市場は、日本銀行が今月にも世界で最後に残るマイナス金利政策から脱却し、借り入れコストを引き上げるという、極めて現実味を帯びた可能性を織り込みつつある。
借り入れコスト引き上げの恩恵が期待される金融機関の株式も活況だ。
    「恐らく、日本経済はようやくデフレの渦から抜け出しつつあり、それは日本の資産にとって大きな影響をもたらす可能性があるとウパダヤ氏は分析。」
長期金利の指標となる10年国債利回りは11年以降で初めて0.01%)上昇。
 「ポジションの巻き戻しリスクがあると、マニュライフ・インベストメント・マネジメントのマルチアセットソリューションチームでグローバル最高投資責任者(CIO)を務めるシニアポートフォリオマネジャーのネイサン・スフト氏は、投資家が円安見通しからの転換を急ぐ中で、円は対ドルで1ドル=140円まで上昇する可能性があるとみる。」
ただ、円の「大幅」上昇は見込んでいないと付け加えた。
 日銀が今月の決定会合でマイナス金利政策を解除したとしても、主要な中央銀行の政策金利に対して大きな差が残るのも事実だ。
 ING銀行の為替ストラテジスト、フランチェスコ・ペソレ氏は、「われわれは円ロングに賭けているが、それは市場が期待してきた小さな動きに過ぎないだろうと指摘。」
0.25%まで利上げが続く「十分な可能性」が示唆されれば、より大きな影響が見込めるという。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 日本投資が活況取り戻す、日銀の政策正常化観測に沸く市場

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう