おすすめ記事

日本投資家の米国ソブリン債買越額が過去最大に、リパトリ懸念覆す

記事を要約すると以下のとおり。

日本の投資家による米国ソブリン債の買越額が2023年に過去最大を記録した。
日本銀行は今後数カ月のうちに世界最後のマイナス金利政策を廃止するとみられており、国内の利回りは上昇する可能性が高い。
これから金利が下がるのであればさらにリターンが見込めるだろうと付け加えた。
 日本の10年国債利回りは0.7%付近と、米国の4.1%、英国の約4%と比べて低い状態が続いている。
日銀がマイナス金利を解除しても、海外主要国との利回り格差は大きいままである可能性が高いことがうかがえる。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 日本投資家の米国ソブリン債買越額が過去最大に、リパトリ懸念覆す

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう