おすすめ記事

日本株反発へ、米CPI後の金利上昇で不安後退-銀行や自動車に買い

記事を要約すると以下のとおり。

東京株式相場は4営業日ぶりに反発する見込み。
米シカゴ先物市場(CME)の日経平均は2万6900円)に比べ310円高米国株は上昇-米10年債利回りは3.69%程度と12ベーシスポイント上昇市場関係者の見方いちよしアセットマネジメントの秋野充成執行役員日経平均は2万7210円と、大阪取引所の通常取引終値(2万7500円。
買い戻しが先行して始まるだろうが、一巡後は売りに押される場面もあるだろう米CPI、コア指数が予想上回る-FOMCに利上げの圧力FOMCに迫る難しい判断、利上げか様子見か-インフレと金融混乱でクレディS、今月も顧客資金の流出続く-流動性バッファー取り崩し日銀、有価証券関連収益の悪化が金融仲介機能や金融システム不安は欧州にも飛び火している背景米CPIは順調に伸び悩んできたが、投資家はあまり見ていないだろう。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 日本株反発へ、米CPI後の金利上昇で不安後退-銀行や自動車に買い

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう