おすすめ記事

日本株売買代金、MSCIの1分効果で過去最高-海外投資家注目映す

記事を要約すると以下のとおり。

東京証券取引所プライム市場の売買代金が過去最高を記録した。
2022年4月の市場再編でプライム市場が発足して以降で過去最高。
SMBC日興証券の吉田隼人クオンツアナリストは、MSCIのリバランスは毎年5月と11月の規模が大きいと指摘。
 個別銘柄ではMSCIジャパンスタンダード指数から除外された日本M&Aセンターホールディングスのほか、東京海上HはMSCIジャパンESGセレクト・リーダーズ指数などでリバランスが予定されていた。
 水戸証券投資顧問部の酒井一チーフファンドマネジャーは、31日は「月末とあって国内機関投資家が上がり過ぎた株式ウエートを戻すための売りも起こりやすかった」と指摘。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 日本株売買代金、MSCIの1分効果で過去最高-海外投資家注目映す

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう