おすすめ記事

日本製鉄副社長、能力削減追加の必要性検証-鋼材低迷長期化に備える

記事を要約すると以下のとおり。

日本製鉄は、国内事業における追加の生産能力削減の必要性について検証する。
 インフレを抑制する各国中央銀行の金融引き締めやウクライナ戦争の長期化、新型コロナウイルスの感染再拡大などの影響で世界景気の後退懸念が強まっている。
昨年9月に広島県呉市と和歌山市の製鉄所で高炉2基と1基をそれぞれ休止。
ただし、さらに状況が悪化すれば、追加的な能力削減の検討が必要で、需要に見合う生産体制かどうか足元の状況を見ながら確認していく考えを示した。
鋼材需要が減少している中でも、採算性が改善する同社は今期(23年3月期)の純利益予想を6000億円から6700億円に上方修正した。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 日本製鉄副社長、能力削減追加の必要性検証-鋼材低迷長期化に備える

Twitterでの意見

鉄火場泥棒
日本製鉄副社長、能力削減追加の必要性検証-鋼材低迷長期化に備える
靍尾38665(ネット開始1999年)
日本製鉄副社長、能力削減追加の必要性検証-鋼材低迷長期化に備える より 記事より「国内で稼働する高炉は10基となる。~日本製鉄の下期の鋼材平均価格は過去最高水準のトン当たり15万8000円と昨年の上期(21年4-10月)と比べ5割高い水準を見込む」
兼業投資家👨🏼KABUおじさん💹
日本製鉄副社長、能力削減追加の必要性検証-鋼材低迷長期化に備える SmartNews 鉄鋼セクターの世界的な環境は非常に厳しい状況。 日本では鋼材価格の値上げで、業績的には他国に比べて好調だけど・・・。
ns1192_投資「道はある!2022」
【📰注目記事見出し】 Bloomberg 円が対ドルで上げ拡大、一時1.1%高の138円08銭 日本製鉄副社長、能力削減追加の必要性検証-鋼材低迷長期化に備える トルコ中銀が政策金利1桁に、1.5ポイント利下げ-緩和サイクル終了
フジトミ証券株式会社 公式アカウント
・中外薬(4519):骨粗しょう症治療剤「ボンビバ」、日本事業を大正製薬に譲渡 ・ホンダ(7267):ホンダ:埼玉製作所の生産稼働率見込みは約7割、12月上旬 ・日本製鉄(5401):副社長、能力削減追加の必要性検証-鋼材低迷長期化に備える
クソリプツカヤdaプロジェクトチャッカマン
このニュース見て脂汗かいてるメーカー調達各位いるんじゃないかな。さらに納期延びるぞこれは。 日本製鉄副社長、能力削減追加の必要性検証-鋼材低迷長期化に備える
calmdown
日本製鉄: 22年10月-23年3月の鋼材需要量は「非常に低い」とし、現在の状況が長期化すれば、「正直言って今の生産能力は必要ないということになりかねない」 日本製鉄副社長、能力削減追加の必要性検証-鋼材低迷長期化に備える

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

LINEじゃ言えない話はメルマガで配信してます。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう