おすすめ記事

日産とルノーは15%の株式相互保有-アライアンス連携強化で声明

記事を要約すると以下のとおり。

日産自動車は30日、仏 ルノーグループとの企業連合(アライアンス)に関する声明で、ロックアップとスタンドスティル義務を伴う15%の株式を相互に保有すると発表した。
 ルノーは、同社にとって商慣習上合理的な場合、協調的で秩序あるプロセスで信託会社に信託した日産株の売却を指示するが、特定の期間内に売却する義務は負わないともした。
 EVや自動運転など新技術の登場で世界の自動車産業が急速に変容し、救済したことで始まった。
その後日産もルノー株の保有比率は15%にとどまり、フランスの法律によって議決権がないなど資本面でルノー優位の状況が続いてきた。
 その後新型コロナウイルスの感染拡大や世界的な車の電動化進展などから両社の間には意見の隔たりがあり、当初想定していた昨年11月までに合意に達することができず、協議を継続した経緯がある。
日産の社外取締役らは16日に開かれた会議で、ルノーとの交渉を受け入れることで合意していた。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 日産とルノーは15%の株式相互保有-アライアンス連携強化で声明

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう