おすすめ記事

日米で桜の開花時期早まる、地球温暖化の影響で春の到来に変化

記事を要約すると以下のとおり。

花見好きで有名な日本だけではなく、米国でも桜の開花が気になる季節が到来した。
東京都内の桜の開花を迎えた。
都市部の気温が例年より高く、年明けには観測史上最も暖かい1月を記録した。
生物季節観測データを扱うUSAナショナル・フェノロジー・ネットワーク(USA-NPN)のディレクター、テレサ・クリミンズ氏は、「春の活動開始が早まるという長期にわたる明確なトレンドが示されていると指摘した。」
関西大学の宮本勝浩名誉教授が発表した試算によると、昨年の花見による経済効果は推定6160億円程度に上った。
Washington'sCherryTreesAreReaching'PeakBloom'EarlierTheaveragedatehasmovedupaweeksince1921Source:NationalParkServiceNote:DatarepresentsYoshino-varietycherrytreesaroundtheWashington,DCTidalBasin.  一方、冬の気温も上昇しているため、桜が休眠状態から目覚めて開花するには春に気温が上がる前に「十分な低温刺激」にさらされる必要があると説明。
今年の開花には当てはまらないものの、将来的には起こりうるだろう。
桜祭りには国内外から推定150万人が訪れ、1億ドル(約150億円)以上の消費効果を生んでいる。
桜咲くタイダルベイスンを訪れたツアー団体(米首都ワシントン、3月23日から26日に到達すると見込まれている。
桜並木に近いポトマック川の水位が気候変動の影響で上昇しており、一帯を護岸する防水堤が老朽化。
プロジェクトの終了後は桜274本を含む455本の植樹を計画しているという。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 日米で桜の開花時期早まる、地球温暖化の影響で春の到来に変化

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう