おすすめ記事

日米韓で対北朝鮮の抑止力強化へ、核保有国と決して認めず-尹大統領

記事を要約すると以下のとおり。

韓国の尹錫悦大統領は、世界が北朝鮮を核兵器保有国として決して受け入れないと述べるとともに、今週後半に開催される日米韓首脳会談で抑止力の協力が急進展する可能性を示唆した。
国際社会はいかなる状況下でも北朝鮮のような存在による脅威を抑えようとするバイデン政権を支援することになる。
 尹氏は「拡大抑止について、韓国と米国、日本の間で個別に協議することにもオープンだ」と述べた。
 慶南大学極東問題研究所の林乙出(イム・ウルチュル)教授は、拡大抑止に関する協議をより正式なものにすることで、このプロセスは中国と北朝鮮をけん制することを目的としたミニNATO(北大西洋条約機構)のようなものになり得ると指摘した。
韓国・釜山に入港した米戦略原子力潜水艦ケンタッキー(7月19日)Photographer:AlDrago/Bloomberg  尹氏は「われわれは北朝鮮に対し、その執拗(しつよう)で違法な核・ミサイル開発が必然的に代償を伴い、体制の孤立と危機を深めるだけだと認識させなければならない」と強調した。
KimJongUn'sMissileProgramTypesofballisticmissilestestedbytheNorthKoreanleaderSources:SouthKoreanDefenseMinistry,CenterofNonproliferationStudiesNote:DataasofJuly24,2023.SuspectedICBMtestonMarch16,2022andNov.3,2022andNov.3,2022,endedinfailure.  半導体やバッテリーなどの品目で世界のサプライチェーンを中国リスクから切り離すために、日米韓が取り得る最善の方法は何かとの質問に対し、尹大統領は「われわれは3カ国のサプライチェーンに関する情報共有やEWS(早期警戒システム)設置を含む協力強化の具体的な方法について協議する予定だ」と答えた。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 日米韓で対北朝鮮の抑止力強化へ、核保有国と決して認めず-尹大統領

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう