おすすめ記事

日鉄のUSスチール買収、米労組は労働協約の保証なければ合意せず

記事を要約すると以下のとおり。

全米鉄鋼労働組合( USW)と 日本製鉄は、日鉄による米鉄鋼大手USスチール買収計画を円滑に進める可能性のある取引について、交渉上の姿勢を固めている。
 米国の鉄鋼労働者を選挙戦のレトリックの中心に押し出した政治的混乱により、マッコール氏の労組支援  バイデン大統領は日鉄による総額140億ドル規模のUSスチール買収計画の行方を左右し得る最も重要な人物の1人となっている。
この報道を受け、USスチールの親会社が労働協約を引き継ぐと説明した。
これは買収後にUSスチールを傘下に置くため設立される子会社が協約を引き継ぐ方針をあらためて表明。
 マッコール氏は、「彼らは労働協約をどのように引き継ぐかについていろいろ言っているが、実際はそうではないと指摘。」

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 日鉄のUSスチール買収、米労組は労働協約の保証なければ合意せず

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう