おすすめ記事

日鉄のUSスチール買収計画、米大統領選年の政治的渦の真っただ中に

記事を要約すると以下のとおり。

会合は1時間足らずで終了した。
 労組は通常、企業買収の問題でこれほどの影響力を持つことはない。
 こうした混乱は、米国の主要同盟国の一つである日本との関係に緊張をもたらしかねない恐れがあると同時に、激戦州の有権者の票獲得のための政治的判断が企業の経営戦略に大きな影響を及ぼしていることを浮き彫りにしている。
ペンシルベニア州選出のフェターマン上院議員(民主)はピッツバーグ郊外ブラドックにある自宅からUSスチールの製鋼所を背景にビデオ撮影し、「彼らが外国に身売りするというのは言語道断だと話した。」
それが私の本心だとする声明を発表し、USスチールに対して米国資本の企業として存続するよう求めた。
審査  買収計画は現在、対米外国投資委員会(CFIUS)による審査対象となっている。
 ピッツバーグなどを選挙区に含むデルジオ下院議員(民主)はインタビューで、「どのような結果になるとしても、弁護士が双方の主張を展開することになるだろうと述べた。」
同州で生まれたバイデン氏は20年大統領選でも両氏が同じ労働者層の票を取り込もうとしている。
バイデン大統領の強い姿勢でも、計画に終止符が打たれたとは考えられないと話す。
関係者の多くは、11月の大統領選の前に決定が下されることは予想していない。
 マッコール氏とUSWは、必ずしも実現の可能性を示唆している。
幾つかの選択肢が考えられ、それには法廷闘争の可能性も含めた形での日鉄による買収完了や、クリーブランド・クリフスや他社による買収、全てがご破算になりUSスチールが単独で存続するケース、複数の買い手による分割などが想定される。
 米シンクタンク、ハドソン研究所のウィリアム・チョー氏は話した。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 日鉄のUSスチール買収計画、米大統領選年の政治的渦の真っただ中に

Twitterでフォローしよう