おすすめ記事

日銀「解除」接近でメガバンクマネーに動き、マイナス金利預金が急増

記事を要約すると以下のとおり。

日本銀行によるマイナス金利政策の解除観測が高まる中、国債市場の主要投資家である大手銀行の一部が運用資金を慎重に動かし始めた。
都銀は口座全体で190兆円超と地方銀行の2倍を超す最大の預金者。
 三菱UFJモルガン・スタンレー証券の六車治美チーフ債券ストラテジストは、大手銀行はマイナス金利残高(マイナス0.1%)に資金を置くことも選択肢と述べた。
都市銀行のマイナス金利残高の推移日銀、ブルームバーグ  国債の資金手当てを支えるレポ市場では、昨年末に政策金利のマイナス0.2%台で資金を調達できる場面があった。
債券市場で相場の変動が大きくなっており、大手行の国債投資も平均残存期間(デュレーション)の短期化などリスク抑制的な運用が続く。
市場ではマイナス金利解除後の国債利回りの上昇に期待が高まっている。
  。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 日銀「解除」接近でメガバンクマネーに動き、マイナス金利預金が急増

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう