おすすめ記事

日銀が金融緩和策を維持、22年度物価見通し3%に引き上げ

記事を要約すると以下のとおり。

日本銀行は18日の金融政策決定会合で、長短金利を操作するイールドカーブコントロール(YCC)政策を軸とした大規模な金融緩和策の現状維持を決めた。
長期金利の変動幅の再拡大やYCC政策の廃止など追加策を巡りさまざまな観測が浮上していた。
 日銀の決定を受けて債券市場で長期金利が一時0.395%に急低下した。
発表前には128円台半ばで推移していた。
市場機能改善の一手  日銀は金融調節の円滑化を図るため、国債などを担保に金融機関に低利で資金を貸し付けのつど決定する。
国債買い入れによる需給ひっ迫をできるだけ回避するための、市場機能改善のための一手だろうとの見方を示した。
見通しは各年度とも下方修正された。
 予想時点実質GDPコアCPIコアコアCPI(参考)2022年度1月1.93.02.1 10月2.02.02.91.82023年度1月1.6(注)単位は%。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 日銀が金融緩和策を維持、22年度物価見通し3%に引き上げ

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

LINEじゃ言えない話はメルマガで配信してます。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう