おすすめ記事

日銀がYCC運用を柔軟化、長期金利の指し値オペ1%に引き上げ

記事を要約すると以下のとおり。

日本銀行は28日の金融政策決定会合で、長短金利を操作するイールドカーブコントロール(YCC)政策の運用について、指し値オペの水準引き上げなどの柔軟化を決めた。
0%程度の許容変動幅に「めど」との表現を加え、上限の厳格運用を緩和した形だ。
今回の日銀の対応は、日銀が物価安定目標の達成について「真剣に実現があり得ると考えていることが分かった」と指摘。
 会合結果を受けて債券市場では長期金利が上昇し、一時138円07銭まで買われた。
日本銀行本店Source:Bloomberg  YCC運用の見直しは、昨年12月に変動幅を従来の上下0.5%程度と明確化するとともに、必要な場合に強力に上限を画す連続指し値オペ制度を導入。
 日銀は、経済・物価を巡る不確実性が極めて高いことを踏まえると、上下双方向のリスクに機動的に対応し、YCCの枠組みによる金融緩和の持続性を高めることが適当だと説明した。
YCC修正・撤廃が決まれば「サプライズ」と6割が回答していた。
一方、24年度は1.82.01.21.0%上昇を維持した。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 日銀がYCC運用を柔軟化、長期金利の指し値オペ1%に引き上げ

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう