おすすめ記事

日銀とECBは限界認識、気候変動対策での中銀の役割-独立性に影響

記事を要約すると以下のとおり。

インフレ抑制で政策金利を設定しつつ気候変動と闘うことは、中央銀行当局者に恒久的な緊張を強いている。
 シュナーベル氏は多くの中銀が現在の高インフレに対し、資金調達環境の引き締めで応じていると指摘した上で、「信用コストの上昇は再生可能エネルギーやグリーンテクノロジーのファイナンスコストを高めるが、金利上昇をグリーン化のさらなる遅れの口実にするのは間違っていると述べた。」

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 日銀とECBは限界認識、気候変動対策での中銀の役割-独立性に影響

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

LINEじゃ言えない話はメルマガで配信してます。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう