おすすめ記事

日銀のマイナス金利解除時、米国債に最大の痛手か-MLIV調査

記事を要約すると以下のとおり。

日本の マイナス金利は数カ月以内に解除される見通しで、その場合は世界市場に多大な影響を与え、米国債が最も大きな打撃を受けそうだ。
最近では、インフレとの闘いで積極的な引き締めを進める他の主要中央銀行と足並みがそろわない措置となっていた。
日本の利回りが上昇すれば米国や欧州、オーストラリアに膨大な資産を保有する日本の投資家に対し、海外資金を国内に回帰させる「レパトリエーション」を促すことになるからだ。
36%がドルと答えたことから、ドル建ての米国債は一段の逆境に直面する恐れがある。
 DBS銀行のシニア金利ストラテジスト、ユージーン・レオ氏は「何らかの正常化が恐らく必要だろう」とした上で、「日本国債利回りの上昇が波及すれば、5-10年物の先進国債券利回りに上昇圧力がかかる可能性があると分析した。
それより遅くなるとした回答は16%だった。
 回答者の62%は、今年末時点のドル・円相場は1ドル=140-150円になるとの見方を示した。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 日銀のマイナス金利解除時、米国債に最大の痛手か-MLIV調査

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう