おすすめ記事

日銀の国債保有残高が2008年以来初めて縮小へ、7-9月期にも

記事を要約すると以下のとおり。

日本国債の投資家は日本銀行の利上げの可能性だけでなく、早ければ来四半期にも日銀が保有する膨大な国債の削減に直面することになりそうだ。
このことは、十分な日銀のサポートに慣れてきた国債市場に難題を突き付けることになる。
 日銀の姿勢に変化の兆しがあることから、減額は予想よりも大きくなる可能性がある。
    植田総裁は日銀の国債保有が国債市場に与える影響について、「定量的に何%かというのは難しいと述べた。」
同リポートでは日銀の市場シェアが1%ポイント減少すると、10年物国債利回りは2ベーシスポイント押し上げられることが示されている。
 ただ、日銀の保有比率が低下すれば利回りにより大きな上昇圧力がかかる可能性がある。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 日銀の国債保有残高が2008年以来初めて縮小へ、7-9月期にも

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう